2018年7月10日 更新

なわとびが100回跳ぶ子と1回しか跳べない子

66 view お気に入り 0

そもそも、縄跳びを飛ぶ理由って?

お客様から
「なわとびは跳べなければダメなのでしょうか」
というご質問を頂戴します。

運動神経を見ているわけではないとわかってはいても、気になるポイントですよね。


テスターは何をみているのか。

そこがわかれば、縄跳びに取り組むべき姿勢がおのずとみえてくるでしょう。
小学校のクラスの前にタブレットと先生

小学校のクラスの前にタブレットと先生

より物事に一生懸命取り組めるのはどっち?

有名私立の学校が考査になわとびを入れる理由の一つとして、下記3点をチェックするためと考えられます。

1.身体の連動性
2.リズム感
3.持久力


そのことを念頭に据え、さらにお考え頂きたいのは、「たくさん跳べる子」と「少ししか跳べない子」では、今後どちらの子の方が様々な分野において大きく伸びていく可能性があるのかということです。

なわとびはあくまで努力や能力を測る道具であるということ。

「100回なわとびを跳ぶ」、「長く跳び続けることができる」ということは、日頃の努力なしにできることではありません。
Girl drawing on magazine

Girl drawing on magazine

科学的にも立証?! 有酸素運動は脳に良い!

学力向上のカギは「心拍数を増やすこと」にあると科学ではされています。

どんな競技をするかは問いませんが、心拍数が増える有酸素運動であることが望ましく、なわとびやマラソンがそれに該当します。

とりたてて激しい運動をする必要はありません。

座ってばかりいないで、子どもを外で遊ばせることがめぐりめぐって机の上で行う勉強にも良い影響をもたらしてくれるということです。

なわとびが長い時間跳べれば、できないことに取り組む意欲や集中力がとても高いことをテスターにアピールできるのです。

どうやって練習すればいいの?

なわとびには、さまざまな練習方法があります。

子どもの興味、関心度によっても創意工夫することができます。

ただ、これから前跳びに取り組もうと考えている年長さんに適した練習で言えば、肩関節を使用して練習に取り組むことをお勧め致します。

発達段階に適した関節を意識して練習を始めてもらえると、向上を早く実感できるからです。
10 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

h-ooka h-ooka