2018年8月18日 更新

遊びの中から体の操作を覚えよう!!

体で学んだ経験は、とても身になりやすいですよね? 遊びのなかで、体の使い方を学ぶには?

20 view お気に入り 0

活発に体を動かす遊びが減っている?

近年の子供たちには体を動かさずに遊べる「ブロックやお絵かき、粘土」などが人気です。
室内で行えるゲームが数多くあったり、異常気象で部屋にこもりがちな子どもたちが増えています。

外で「三輪車やおにごっこ」などをする幼児たちは年々減ってきてしまっているのです。

また、公園などでボール遊びができる環境が減っているせいか「ボール慣れ」していない子供たちをよく見かけます。
暗い背景に複合モデリングで遊んで子供

暗い背景に複合モデリングで遊んで子供

体の操作が未熟な幼児が増えている?

幼稚園や保育園でも園庭を駆け回るような遊びの時間はあっても、鉄棒などに触れる機会が少ないようです。
そういった背景からか、「動き回ることや体を動かすことは好きだが運動が苦手です。」という親御様からのご相談をよくお受けします。

5歳児でも靴を履くときに立ったままでは履けない子など、幼児期に身につけておきたい動きが獲得できず体の操作が未熟な子どもも沢山います。

ドアを押す・引く動きや、ドアノブをひねる、ペットボトルを自分で開けるなどの経験を積むことで身体の操作を身につけましょう。自分の体を操作できるようになることは安全な生活を送るうえでもとても大切なことです。

たくさん遊ぼう!

たくさん遊ぼう!

幼児期に体を動かすことはなぜ重要なのか?

幼児期は神経機能の発達が著しく5歳までに大人の8割程度まで発達するといわれています。

遊びの中で多様な動きを経験し、それを継続することで反射や力のコントロールの仕方、スポーツの基礎を身につけていくことができます。

体操教室に来てくださる子でも、姿勢の悪い子・少しの運動ですぐに疲れてしまう子は少なくありません。日ごろから体を動かすことや自分のものは自分でもったりすることが大切です。

体操に通うことで身体が丈夫になり「風邪をひくことが少なくなった」、コミュニケーション能力がつき「ほかのお友達と一緒に何かに取り組むことが好きになった」などの親御様の声を聞きます。

体を動かすことは心身ともに良い影響を与えてくれるのです。
元気に体を動かすことで体も育まれることでしょう。
お友達と森の木の切り株に遊んで

お友達と森の木の切り株に遊んで

9 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

konno konno