2017年10月18日 更新

なぜ足が速い子はモテるのか?

運動会やかけっこ、体育の授業などで、足が速く軽やかに走る子はやっぱり目を惹かれるものがあります 体育と運動会、他者との差異について考察を深めていきます

91 view お気に入り 0
 (63)

小学生の時、「足が速い子は人気者だった」、「足が速いとモテる」といったような話を誰しもが聞いたことがあると思います。

運動会やかけっこ、体育の授業などで、足が速く軽やかに走る子はやっぱり目を惹かれるものがありますよね。

じゃあ、なぜ一般的に「足が速いとモテる」といったような話がでたのでしょうか。そのことについて考えていきたいと思います!

大抵のスポーツでは、「走る」という動作は最も基本的なことといえますね。

しかし、中学生から大人になっていく中で、スポーツを続けていると、技術面も重要になってきます。野球やサッカー、バスケットボールなどなど、ただ動きが速く、走るのが速いだけでは通用しなくなる、そう、他人との「差異」が生まれてくるのです。

この差異とは、時に「個性」、時に「差別」といったように良くも悪くも変化していくでしょう。
学校教育、社会においてもこの「差異」というものは個人を評価する上で1つの判断基準となっているのかもしれません。

しかし、小学校教育では、学業面ではあまり個人の差異がつきにくくなっています。テストの点数や授業での成績など、多少の個人差はついてきますが、だからといってそれが、影響するかというと、そこまで影響はしません。中には、個人の育成を目的とし、その差異を表にだすことで、学業成績の向上、精神の成長を促す教育理念を掲げている学校もあるとはおもいます。

そんな中で、1番に変化が出るのが「体育」「運動」ではないでしょうか。

特に、学校の1大行事である運動会は、子供達もさることながら、保護者の方や先生方も注目します。そこで「活躍する、一番になる、前の人を抜く」、そんな光景をみると魅力を感じますよね。
他人との違いを持っている人はどこか魅力的に見えるもです。それが大人になるにつれ、多種になっていきますが、小学生では走ったり、スポーツの中で差異として表れていき、「魅力を感じる→かっこよく見える→モテる」といったようになっていったのではないでしょうか。

これはあくまで、私の考えなので、正解かどうかはわかりません。
でも、「他者との差異」を持つことで、自分の自身の魅力を磨き、セールスポイントにしていけたらいいですね。
 (65)

4 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これだけでも速くなれる⁉かけっこワンポイントアドバイス Part2

これだけでも速くなれる⁉かけっこワンポイントアドバイス Part2

運動会で一番になりたい!ビリ脱却!など、かけっこで速く走れるようになりたいお子様に向けた、ワンポイントアドバイスです☆彡
uchida | 155 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者