2020年2月28日 更新

きれいに前転をしてみよう!!

25 view お気に入り 0

前転とはどんな技?

そもそも、前転とはどんな技かご存知でしょうか。
皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。

前転とは後頭部を地面に着け前方に回転していく技です。
年齢を重ねていくうちに自然と出来るようになってくることがほとんどです。
しかし、幼い子だと回転できても起き上がれないことも多いです。

まずは身体を丸くしてみよう!!

皆さん、ボールを思い浮かべて下さい。
坂道にボールを置いたら転がっていきますよね。
前転もこれと一緒です。できるだけ、身体を丸くすることがきれいに前転をするコツです。

しかし、身体を丸くするだけでは横に倒れてしまいます。最初から頭頂部がついており、前への推進力が生まれなかったり、左右の手を曲げ始めるタイミングが違うと横に倒れてしまいます。


これを防ぐコツとして、、

・気を付けの姿勢から両手を足の近くにつく
・後頭部を地面につくためにおへそを見る

この2つもきれいな前転を行うにはとても大切です。
気を付けの姿勢から両手を足の近くにつくことで、お尻が高くなります。
これにより、回転にスピードがつきます。

おへそを見ることで後頭部がつきやすくなり、背中も丸くなるため回転のスピードが落ちません。
スムーズな起き上がりにもつながります。
きれいな前転とは回るだけでなく、両足をそろえ、手を床につくことなく立ち上がることです。
父と息子 somersaulting 1 階

父と息子 somersaulting 1 階

きれいな前転に挑戦してみよう!!

どんな運動でも最初から上手に出来ることは少ないですよね。
前転も同じです。
まずは、自分自身の身体の動かし方、行う運動のコツを覚えることです。
そして、たくさん練習することが大切です。

体操教室では、今回紹介したこと以外にもその子にあったアドバイスを行うことが出来ます。
皆さん是非、体験しに来てください。
7 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

m-yaegashi m-yaegashi