2020年1月25日 更新

目指せ野球少年第2弾!!野球について詳しくなろう!!

37 view お気に入り 0

野球のボールの違いについて

野球と一言で言ってもいくつか種類があり、
それぞれ使っているボールも異なります。
まずは、基礎知識として野球の種類とボールの違いについて
ご紹介します。

●3種類の野球とその特徴
日本で多く普及しているのが、「硬式野球」、「軟式野球」です。
また、これとは別に「準硬式野球」というのも
存在しています。


硬式球はコルクの小さな玉を芯に毛玉や細糸で何重にも巻き付け牛革で覆っているため重く、とても硬いので反発力が高く、遠くに飛ぶので楽しめます。
しかし、ぶつかると骨折してしまう事もあるため、特に小さい子ども
には危険です。また、革製のため壊れやすいです。

そこで作られたのが軟式球です。
軟式球はゴム製で中心部が空洞になっているため、柔らかく
子どもや大人でも安全に野球を楽しめます。
さらに、軟式球はゴムでできているため、
硬式球よりも耐久力に優れていて壊れにくいです。

そのため、軟式野球は安全で経済的にも
皆が親しみやすいスポーツとして発展してきました。

しかし、柔らかいので硬式球より反発力が少なく飛びにくいです。
遠くに打球を飛ばしたい人やボールをバットで打った感触を
しっかり味わいたい人には物足りないかもしれません。

そんな時、開発されたのが準硬式球です。
準硬式球は外は軟式のゴム、中身は硬式といったボールです。

ボールの外側はゴムでできているため壊れにくく
さらに、ボールの中身は硬式球と一緒なのでとても硬く反発力があります。
いわば準硬式球は軟式球と硬式球のいいとこどりのハイブリッドなのです。

そのため、準硬式球の特性は硬式球と似ていますが壊れにくく
経済面で優れているので学生を中心に人気です。
緑の芝生で野球

緑の芝生で野球

ボールが違うと練習方法って違うの?

野球ボールの違いでバッティング練習や守備練習などの
練習方法に大きな違いはありません。
しかし、意識するポイントは大きく異なります。


●軟式球
軟式のバッティングではボールがバットに当たる瞬間に
平行にバットでボールを押し込むように打ちます。
軟式球は柔らかいので、打つ瞬間にボールがへこみます。
そのため、平行に振ってボールから力が逃げないようにすることが大切です。

●硬式球
ボールに回転を掛けることを意識する。
ボールの少し下を打つことでボールにバックスピンがかかります。
バックスピンをかけることで伸びのある打球になります。

準硬式は硬式に近いので意識することは硬式と変わりません。

このように、バッティングだけでも意識することに
違いがあります。
硬式と軟式、準硬式の詳しい練習方法や意識すべきポイントは
また今度ご紹介したいと思います。
5 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

m-yaegashi m-yaegashi