2020年7月20日 更新

~短距離走について~

55 view お気に入り 0

短距離走とは

運動会や陸上競技でよく耳にする「短距離走」という言葉を聞いて皆さんはどれくらいの距離を想像しますか?
実は100m、200m、400mが公式種目としてあります。
意外と走る距離が長い事に驚きませんか?
特に小学生以下のお子様が走ることが多い50m走は正式種目になっていません。
今回はそんな短距離走に必要な要素をお話ししていきます。

短距離走に必要な要素

短距離走は短い距離(時間)で素早く、強い力を発揮することが大切です。
その反対に長距離走は長い距離(時間)で働く力が必要になります。
短距離走で力を発揮するには普段の練習や動きの中で瞬間的に強い力を発揮することを意識しながら動くことをおすすめします。
そんな動きにピッタリな練習方法を紹介していきます。

●縄跳び(素早い前跳び、二重跳び)
縄跳びは連続してジャンプを行うため効果的です。
前跳びはゆっくりペタペタ跳ばずにボクサーのように素早いリズムで跳ぶことが大切です。

二重跳びはある程度の瞬発力と縄を二回まわすスピードが必要になります。特に連続の二重跳びがおすすめです。
前跳び、二重跳び、どちらも素早い動きの練習と体力強化になるので一石二鳥です。

●ボックスジャンプ
このトレーニングはトップアスリートが取り入れるほど有名で効果的なトレーニングです。
ボックスが無くても跳び乗れるような高さの段差や物があれば問題ありません。
方法は脚を肩幅に開き、お尻を下げて手の勢いを使って大きくジャンプをしてボックスに跳び乗ります。着地は両足同時に着地します。気を付けることは「跳び乗れる高さで行う」「素早く高く跳ぶことを意識する」の二点です。

以上が今回おすすめする練習方法です。
短距離走で速く、力強い動きを発揮できるようにチャレンジしてみてください。
 (839)

5 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

m-watanabe m-watanabe