2020年4月25日 更新

二重跳びに挑戦!

118 view お気に入り 0

二重跳びはどんな技?

二重跳びとは、1回のジャンプで2回縄を回す技です。

二重跳びは高いジャンプと手を速く回すことが最も重要です。
まずは、自分がどのくらいの速さでなわとびを回すことが確かめて下さい。

前跳びを30秒間で75回程度跳ぶことが出来れば二重跳びを回す手の速さは十分です。
前跳びを速く跳ぶことが二重跳びを跳べるようになる為の最初のステップです。

二重跳びの練習方法

次に簡単にできる二重跳びの練習方法をお伝えします。

・「グージャンプで拍手を2回する」

① 足をそろえてジャンプをします。
② 1、2、は普通のジャンプで3の時に高く跳びます。
③ 高く跳びあがった時に空中で拍手を2回する。

1,2,3で跳ぶことが簡単になったら、連続で高く跳んで拍手を2回ずつしましょう。
なわとびはリズムが大切です。ジャンプが高いときにリズムよく拍手を2回するように注意して練習してみてください。

似た様な練習方法法で「ジャンプをしたときに太ももを2回素早く叩く」というものもあります。
二重跳びは大きく手を回すよりも腰の横で小さく回すことで縄が速く回ります。
そのため、ジャンプの時に太ももを2回素早く叩くことで、腰の横で手を動かす練習になります。
「グージャンプして拍手」の練習と合わせて行ってみて下さい。



・「なわとびを片手で持ちリズムよく回す」

なわとびの端を片手で持ったら、ピュン、ピュン、ピュピュンで回します。
1回目、2回目は普通の速さで回します。3回目に回すときに素早く2回連続で回します。
縄を速く回すとピュピュンという音が鳴りますので、その音を目標に練習してみて下さい。

また、注意するポイントとしてリズムよく回すことが大切です。
縄を常に早く回すのではなく、1回目、2回目は前跳びと同じくらいの速さで回して下さい。
二重跳びもただ、やみくもに振り回すだけではできませんのでポイントを意識して練習してみて下さい。
Young girl practicing jump ...

Young girl practicing jump rope at preschool

二重跳びは、ほとんどの学校体育の授業で取り入れられています。
最初は苦戦することが多いですが、今回ご紹介した練習方法は全て二重跳びに必要なリズム感の練習になりますので、諦めないでたくさん練習してください。

1回跳ぶことに成功したら2回、3回と連続の二重跳びに挑戦しましょう。

それでは二重跳び習得に向けて頑張りましょう!!
6 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

m-yaegashi m-yaegashi