2017年9月8日 更新

運動会前必見!!~差をつけるコーナリング~

運動会前にぜひ読んでいただきたい、カーブの曲がり方の解説です!

14 view お気に入り 0
秋の運動会前、リレー選手選考のタイム計測まで残り少し、という方も多いはず...


現在多くの子どもたちがかけっこ教室に通い、真剣にレッスンに取り組んでいます。

都内は特に、運動会の徒競走でカーブを走ることが多いようで、
「カーブで減速する」
「カーブの曲がり方がわからない」と話すご家族も少なくありません。

実際、レッスンの中でリレーを行ってみても、カーブの良い走り方がチームに勝利をもたらす要因になっていることは間違いありません。

ポイント1. 顔の向き

自転車で角を曲がるところを想像して下さい。
どのように曲がりますか?

自転車自体を傾けて曲がる?
そんな曲がり方したら横転する可能性がありますね。

ハンドルを行きたい方向に向けるとおもいます。

人間が走るときも同じです。
カーブを走るとき、身体を傾けて走ると転倒のおそれもでてきます。

そこで顔の向きを進行方向へ向けて走ることがポイントとなってきます。
カーブを曲がるときは、20m~30m先の進行方向に顔を向けるように意識するだけで、自然と曲がることができ、無駄な力を使わずに走ることができます。

Point2. スピードを上げるタイミング・場所

このタイミング・場所を知っていれば、楽に直線に入りスピードを出すことができます。

しかし、これは身体で覚え、体感して頂いたほうがいいかもしれません。

2つ目のポイントを知りたい方は是非レッスンへご参加下さい!
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

uchida uchida