2019年7月23日 更新

幼児期の運動ってどんな効果があるの?

子どもが幼いうちから運動をすることで、どんないい効果が得られるのでしょうか。 今回はそんな幼少期の運動についての記事を書いていこうと思います!

120 view お気に入り 0

幼児期の運動の効果とは?

子どもが幼いうちから運動することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

まず、運動機能の向上と心の発達が期待できます。


幼児期は神経系がとても発達する時期です。
幼児期に運動をすることで健康的で丈夫な身体作りにも繋がってきます。

また、幼児期の運動は子どもが未体験の動きが多くあります。
そのため、単純な運動機能の向上だけでなく
「次はどんな動きをするんだろう?」、「どうすればうまくいくんだろう?」と考えるので
予測や判断力も養われていきます。


さらに、家族や友達と楽しく身体を動かすことは、
健やかな心の発達を促してくれます。
家族で運動をすることで家族の絆も深まります。


友達と運動をする際に勝ち負けにこだわったり、
ルールを守ったりすることで
集団生活の協調性や社会性も身についていきます。
お父さんと息子の公園でサッカー

お父さんと息子の公園でサッカー

幼児期の運動って何をすればいいの?

幼児期の運動とは具体的に何をすればいいのでしょうか。


幼児期は神経系がとても発達する時期です。
その発達は6~8歳くらいがピークになります。


そのため、8歳くらいまでは特定のスポーツというよりも
たくさんの運動を通じて豊富な体験をすることが大切です。
ボール遊び、ジャンプやスキップ、でんぐり返しなどはとてもいい運動です!


投げる動作は子どもにとっては難しい動きです。
小さいころからボールに触れさせることで
大きくなった時の、球技に役立ちます。

ジャンプやスキップは脚力のトレーニングになるだけでなく、
リズム感も養ってくれます。

でんぐり返しは頭を逆さにするという、普段の生活では
ないことをするのでいい経験になります。
さらに、平衡感覚も養われます。

今、挙げた運動はお家や公園で簡単にできる運動なので
是非、やってみて下さい!!

乳児期の場合は、どんな運動が効果的か?

Baby mounts the stairs by c...

Baby mounts the stairs by crawling

乳児期の場合、どんな運動が効果的なのでしょうか。


1つは、ハイハイです。
ハイハイは赤ちゃんの腕や足が鍛えられるだけでなく、
ハイハイで移動することで、赤ちゃんは様々な景色を見ます。
様々な景色を見て、多くのものに触れることで
脳や色彩感覚の発達にもつながってきます!


赤ちゃんがハイハイを始めたら、ハイハイで様々な所に
行けるようにしてあげてみて下さい!!


2つはひねり運動です。
仰向けに寝ている赤ちゃんの足首を持って
片足の膝をお腹に引きよせる運動です。
身体をひねるため、寝返りの練習にもなります。


運動を通じて、ご家族でコミュニケーションをとって
触れ合うことは子どもたちの成長に大きく関わってきますので、
今回の記事で取り上げた運動を是非やってみて下さい!
8 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

yaegashi yaegashi