2020年3月16日 更新

後転をマスターしよう!!

39 view お気に入り 0

後転とはどんな技?

皆さん後転とはどんな技かご存知でしょうか。
マット運動の技の1つです。

後転とは自分の後方に背中を丸くしてお尻、背中、手の順で床につけながら回転する技です。
後転は前転に比べて小学生でも苦戦するほど難易度は上がる技です。
後転マスターに向けたポイントをお伝えしていきます。

後転のポイントを意識しよう!!

前転の記事でもお伝えしましたが、後転も背中を丸くすることが大切です。
(↑前転の記事も合わせて読んでみて下さい)


しかし、後転も背中を丸くするだけではできません。
身体を丸めてお尻、背中、手の順で床につけなければいけません。
この順番がバラバラになってしまうと回転がスムーズに行われず、回転スピードが落ちてしまいます。
しかっり、身体を床につける順番を意識しながら練習してみて下さい。


また、後転は回転する時にお尻を上げることが大切です。
回転して手をつくときにお尻が高い位置にないとつぶれてしまいます。
そのため、手に力を入れて床をしっかり押すようにするとお尻も上がってきます。

しかし、後ろ向きに倒れるのは、お子さんにとっては恐いものです。
体育座りから寝る姿勢を取り、お尻を上げる練習をすると感覚を掴みやすいです。

次に回転をするときに足は進行方向遠くに素早く着くように意識してみて下さい。
このとき、足の裏がしっかり床に着くようにすることが大切です。

足の裏がつかないと、回転後に起き上がることが出来ず、正座のような姿勢で
終わりになってしまう事が多いです。

素早く遠くに足の裏を着くイメージを持つことで、回転スピードも上がってきます。
後転で苦戦している人は是非意識してみて下さい。
逆さま

逆さま

後転に挑戦してみよう!!

後転は苦戦する人が多い技です。
それは意識すべきことが抜けてしまっているからです。

今回ご紹介したポイントを意識しながら、たくさん練習してみて下さい。
体操教室では、今回紹介したこと以外にもその子にあったアドバイスを行うことが出来ます。
皆さん是非、体験しに来てください。
7 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

m-yaegashi m-yaegashi