2020年7月20日 更新

上手に泳ぐにはスカーリングをやってみよう

68 view お気に入り 0
Underwater shot of professi...

Underwater shot of professional male athlete swimming in pool

スカーリングとは

スカーリングとは水を捉える動作で前に進む遠心力を養う動きになります。
速く泳ぐためには水を後ろに押す、水を捉えなければ腕を早く回しても進みません。
手のひらが水の中に入り、水を感じながら手のひらが水から出るまでかききるように
泳ぐことが出来ると早く泳げれるようになります。


腕をたくさん回してもなかなか前に進まなく、すぐに疲れてしまう。
そんな悩みをかけている人はスカーリングを覚えることで、4泳法がより楽に早く泳げるようになるので挑戦してみましょう。

スカーリングの種類と練習方法

スカーリングには難易度で色々な種類があります。

・泳ぐ姿勢でキックなしで腕を回すフロントスカーリング
・仰向けの状態でバンザイの状態で手首を回すオーバーヘッドスカーリング
・仰向けの状態で気を付けの姿勢で手首の場所で回すヘッドファーストスカーリング

などありますが、

4泳法が25m楽に泳ぎたい方やタイムを縮めたい方には
最初は、フロントスカーリングがお勧めです。

実際に水の中でやってみましょう!

肘から下で大きく∞(無限)を描くように回します。
指先にちからを入れず、掌で水を捉えるようにします。
水中で行うので呼吸をしながらやります。
呼吸の方法としては、始めのうちは5回∞(無限)を描いて平泳ぎの呼吸の時のように正面を見て顔を上げ、また潜りの繰り返しを続けるとスムーズに出来ます。
下半身が沈みやすい方は足に浮き具(ビート版より小さいもの)など挟んで足を固定するとやりやすいのでお試しください。
スイミングプール

スイミングプール

6 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

y-asanome y-asanome