2019年6月23日 更新

走り方を習うと速くなる???

たった一回でもはやくなる?? 走り方教室ってどんなことをするの??

212 view お気に入り 0

走り方教室ってどんなことをするの??

体育指導のスタートライン (486)

現在都内を中心に、「かけっこ教室」、「走り方教室」が急増しており、その要因としては、オリンピックが行われること、ランニングブームがきたこと、走ることが運動の基本という考えが定着し始めたことが挙げられます。
走り方教室と聞いて、皆さんはどんなことを考えますか?
たぶん、皆さんが考えていることがあっていると思います。

腕の振り方、正しい姿勢・フォームの作り方、スタートの構え、走っているときの注意点など、基本的な走り方を学ぶ教室であるのには間違いありません。また、これに関しては、各団体でポイントが多少異なることもありますが、行う内容はあまり違いがないかと思います。

しかし、その他の内容、特に身体の使い方を学ぶ動き作りや、レッスンカリキュラムなどは異なっており、参加者はそれぞれ自身にあった雰囲気の教室に通っています。

短時間で速くなる、その理由は??

体育指導のスタートライン (490)

よくある質問の1つで、
「一回で速くなりますか?短時間でも速くなりますか?」

という質問があります。

ここは難しいところではありますが、
速くなります。極端な話、5分間だけでも速くなります。

ではなぜ、そんな短い時間で速くなるか、
その要因は何なのでしょうか?
それは、
「直す」ことに焦点を当てているからです。

これまでのもったいない動きを直す、癖のある動きを少しでも修正する、
そのことに焦点を当てレッスンを行うことで、例えば、「スピードが落ちにくくなった。」、「スタート反応が速くなった。」、「バランスを崩さず走れるようになった。」というような改善がみられるようになります。

これまでよりもいい動きができれば、おのずと今までのタイムよりも良くなります。

また、タイムが速くなったという言い方よりも、
本来の走り、本来の持っている力を出すことができた、といっても過言ではないと感じます。
体育指導のスタートライン (493)

指導者の言葉次第で変わる、子どものうごき

子どもたちのうごきを直すことで、走り方を改善することができます。
本来の実力をしっかりと発揮できるようにサポートすることが、我々指導者の重要な仕事なのですが、言葉1つで良い方向にも悪い方向にも進んでいきます。

言葉の内容だけでなく、言葉遣いや言葉の選択も重要ですね。
楽しみながら走り方を学ぶことができます。
興味のある方は是非、教室まで足を運んでみてください!

12 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

y-nagano y-nagano