2018年11月27日 更新

ボールの練習はこれ!効果的な練習3選

ボール操作が苦手な子どもが増えている

ボールを投げる・突く・取るのが
苦手な子どもが増えています。

「ドリブルをするにも連続で突けない」
「ボールを投げても飛ばない」

そんな悩みを抱えている方がとても多いです。

「なんでボールを投げて前に飛ばないの?」

「なんで力を入れてボールを突かないの?」

そんな疑問ばかりでついつい喧嘩になってしまう場面も多いようです。
女子は、ボールで遊ぶ

女子は、ボールで遊ぶ

原因はボールを使って遊んでいないから

公園やグラウンドなど、広い場所でのボール使用禁止を受けて子どもたちがボールで遊ぶ機会が減っているのが主な原因であると考えられています。

ボールは力を入れるとどのように跳ねるのか、また飛ぶのか。

本来は遊びを通して学ぶべき「感覚」を幼い頃から養っていないことが小学生になってもうまくボールを扱えない1要因になっています。

能力の問題ではなく、経験の量が圧倒的に足りていないのです。

ですから、練習の仕方次第では、短期間で驚くほど上達します。
遊ぶ子供

遊ぶ子供

やってみよう!効果的な練習3選

では、どのような練習を行えばいいのか。
簡単なものを3つご紹介します。

●手のひらにボールを乗せて維持する
上手になると投げるときに安定して投げることができるようになります。

●ボールを力いっぱい地面に投げる
上手になると丁度いい力加減で投げることができるようになります。

●ボールを転がして追いかけて止める
上手になると動きを予想して先回りすることができるようになります。
どうでしょうか。
「え?そんな簡単な方法でいいの?」
と思われた方も多いと思います。

大切なことは何度も繰り返しでき、そして楽しいことです。

ぜひ、日々の遊びの中に取り入れてみてください。
9 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

h-ooka h-ooka