2019年9月24日 更新

逆上がり習得までの道!!

夏休みが終わり、過ごしやすい気候になってきましたね。「スポーツの秋」という言葉もありように、スポーツをするには最適な季節になり、運動会なども多く開催されますね。 今回は、近年、運動会の体育発表で行うことが多くなっている「逆上がり」について書いていきます。

159 view お気に入り 0

逆上がりが出来ない原因とは?

逆上がりをするためには、まず、逆上がりができない理由を
知ることが近道の一つです。


逆上がりができない理由の一つとして、「キックが弱い」事が挙げられます。
一般的な子どもは、筋力もあまりなく、
踏み切りの時のキックを強く行い、反動を利用して素早く回ることが
必要になります。
それができていないとなかなか回れません。

もう一つの理由として「肘が伸びている」ことが
挙げられます。

肘が伸びてしまっていると、身体と鉄棒が離れてしまいます。
そうすると、素早く回ることができなくなってしまいます。

逆上がりに効果的な練習方法

まず、紹介するのはマット運動の技である背倒立です。

背倒立とは、下半身を持ち上げ、肩と首でバランスをとる技です。
この技を、きちんと習得することで、逆上がりでの回転する力が身につきます。
逆さまの姿勢になった状態で、腰を持ちあげるという動きが逆上がりと一緒で
回転の感覚を養うことができます。


次に紹介するのはワニ歩きです。
ワニ歩きとは、両手を頭の前に伸ばし、腕の力だけで、進む技です。
ワニ歩きを、行うことで、鉄棒に体を引き付ける「腕の曲げる力」が身につきます。
逆上がりでは、腕を曲げることがとても大切になってきますので
お家でも練習してみて下さい。


最後に紹介するのはテーブルキックです。
両手両足を床に、着いた「テーブルポーズ」を行います。
利き足を先に蹴り上げ、残った軸足も、素早く蹴り上げます。
両足が、頭より後ろになるくらいに、大きなキックを行う技です。
逆上がりでは、蹴り上げる力がとても大切です。このテーブルキックを
行うことで蹴り上げる力がUPするので、逆上がりに苦戦している人は
やってみて下さい。
公園で遊ぶ少女

公園で遊ぶ少女

今回ご紹介した練習を無理のない範囲で、毎日続けてみて下さい。
子どもと一緒に親御様もぜひ、やってみてください。
大人にとってもいい運動になりますし、
家族で楽しく行うことで、子どもも進んで練習に取り組んでくれると思います。

体育指導のスタートラインでは、逆上がりマスタークラスも開講しています。
苦手な方も、もっとレベルアップしたい方もプロの先生が丁寧に教えてくれます!
ぜひご参加ください。
6 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

yaegashi yaegashi