2020年2月20日 更新

初めてスキーをする人でも簡単に滑れる方法とは?

今年は暖冬のため雪不足ですが、スキー場にいくと白銀の世界が待っています。 今回は、初めてスキーをする人必見!簡単に滑れるようになるために意識することを紹介します。

15 view お気に入り 0

初めてスキーをする人の特徴

初めてスキーをする人の特徴は
板を履いた時や滑ったときにすぐにバランスを崩して転んでしまうことです。

なぜスキーを履くときにバランスを崩してしまうのでしょう?
原因として、足の幅が腰幅よりも広い状態でスキーを履こうとしているからです。
履く時は普段の靴を履くみたいに、腰の下にスキー板があると履きやすいです!

次は滑ったときに転んでしまうのはなぜでしょう。
なかなか普段の生活で【滑る】ということは体験できないので、足だけ先に進んでしまい上半身が追いつかず後ろに転んでしまいます。
スキー

スキー

大切なことは?

まずは【姿勢】です。
足首、膝、股関節が軽く曲がった状態が良いです。どのくらいかというと、ジャンプして着地したときの姿勢です。
履きなれていないスキー板により、体に力が入りすぎてしまうので、リラックスした状態にすることが良いです。

次に【ポジション】です。
スキーはポジションも大切です。
つま先に重心がかかる【前傾】や、踵に重心がかかっている【後傾】だとうまくスキーを動かせなかったりスピードが出過ぎてしまったりします。

そのため、くるぶし付近に体重がかかっているなと感じられるところに立つと
安定して滑れたりスキーを動かしたりできます!

まずは【ポジション】【姿勢】を考えながらスキーをしてみると上達も早くなるので、試してください!
5 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous