2018年9月7日 更新

どんな靴をを選べばいいの??

運動会も目前、「より早く走りたい、速く走れる靴はなんだろう」、よく耳にする言葉です。 走りと靴の重要性とは?

110 view お気に入り 0
運動会のリレー選手決め、または運動会前になると、「靴はどんなものを履けばいいですか?」という質問が多く寄せられます。

子供時代は足のサイズもすぐかわり、靴選びが大変難しい時期でもありますね。
最近では、新しい子供靴がたくさん出ており、そこも決められない要因の一つとなっています。

それではどんな靴が走りやすいといわれているのでしょうか。
今回はすこしだけご紹介していきたいと思います。
 (332)

走る際に一番最初に行う動きは、スタートです!
特に低学年の場合、スタートでとびだした子供がそのまま最後まで一番という事が多く、これは距離が短いことも関係しています。

そんなスタートに特化した靴が、バネの力を利用して走る「SUPERSTAR」です。
SUPERSTARはつま先から母指球にかけてバネの力という必殺のアイテムがあります。

このアイテムはスタート時に縮んだバネを蹴りだしと同時に伸ばすことで、より高い瞬発力を生み出すものです。
スタートにより特化した靴ですね。

実際にかけっこ教室の子供達も履いているもので、いい走りができています。
主に低学年向けの運動靴でしたが、最近は高学年モデルも開発され、幅広い学年層に人気のシューズです。

デザインも豊富なので、どれがいいか迷ってしまいますね。
 (334)

次に「瞬足」です。
俊足は一般的にカーブが走りやすい靴だといわれています。
その理由としては、左右非対称ソールというものが靴に使われており、コーナーでしっかりと地面をとらえる設計となっています。
また、競技を本格的に行いたい、よりもっと速く走りたいといった子供達向けの「瞬足JAPAN」というものもあるようです。

また、ERP素材というものが使用されており、反発性と衝撃吸収性を向上させる素材です。
足にも優しい素材という事ですね。
 (336)

最後にその他のスポーツメーカーについてです。

その他のスポーツメーカーはあまり子供靴を出しているイメージがないですよね。
実際ゼロではありませんが、上記に述べた子供の運動靴というようなシューズは特別出てはいないように感じます。
陸上競技用のランニングシューズならたくさん種類があり、本格的に競技を始めるお子様にはおススメです!

また、足の横幅や、走り方によっても合う靴はかわってきます。
靴ひもか、ベルトか、そこについても子供によって合う合わないがあるので、新しくシューズを購入しても履けない場合もあるのです。

そして、合わない靴を履き続けるとケガや痛みの原因にもなります。

人は地面に足をついて生活することがほとんどです。
歩きも走りも自分に合った一足見つけることが重要なのです。

そのため、購入時にはお店で履いて、実際動くことをお勧めします。

走り方にどの靴があうのか、どんな効果を発揮することができるのかは、直接レッスンでお話させて頂けたらと思いますので、是非一度レッスンに御越しください!
それでは今日はここまで、

有難うございました!
8 件
スタートライン

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

y-nagano y-nagano